2017年11月27日

約1週間遊んでみて『とび森』と『ポケ森』の違いを感じた話

 『とびだせどうぶつの森』以来の「どうぶつの森」シリーズ新作として、ずっと待ってました期待してました。

 今回は、まだ1週間弱ですが、遊んでみて気になった部分を書いてみたいと思います。

・最初は面白い、でもやがて…
 なんというか、「やらされてる感」がハンパない! とにかく各ステージ(キャンプ場、ワサワサの森、しおかぜビーチ、ポッカリ島、こもれび広場、ナミナミ川、ゴロゴロ鉱山、OKモータース)を飛び回って、アイテムを集めて、どうぶつたちに渡す。 これをくりかえすことで自分やどうぶつたちのレベルが上がって、お金もたまる。 そのお金で家具を買って自分のキャンプにどうぶつたちを呼ぶ。 それをずっとくりかえすだけのような気もします。

ichigou-fruits.jpg

 『とびだせどうぶつの森』も、いわゆる「作業ゲー(作業を繰り返すゲーム)」と言われることがありますが、『ポケ森』はさらにその作業に特化したゲームになってしまっている気がします。

 では、何が違うのか?

・その目的が、「自分のための目的」ではない
 『とび森』は、あくまで自分がこの村を発展させていくために、自分なりの目的を持ったりもたなかったりしながらのんびり遊んでいくゲームでした。 ですが、『ポケ森』は、どうぶつたちの欲しいもの(どうぶつ側の目的)をかなえるために動き回らなくてはいけません。

konchu-saishu.jpg

 また、基本的に「相手のどうぶつ側の目的が果たされる順番が各プレーヤーで一緒」のため、先を進んでいるプレーヤーのキャンプへ行ったりすると、自分が今後どんな感じになるのか「先が見えてしまう」という問題もあります。

robata-yaki.jpg

・「魚釣り」や「虫取り」が面白くない!
 これはたぶん、『とび森』をやっていた人ならば気づくと思います。 釣りも虫取りも「とても簡単、単純」になっています。 よほどのことがない限り、魚や虫に逃げられることはありません。 なんでこういう部分のゲーム性を落としてしまったのかと思います。 基本的にスマホで遊ぶことを考えるとそうせざるを得なかった部分もあるのかもしれません。

・やっぱり「課金した人が強い」
 これはもう「スマホゲー(課金型)」の典型なのでどうしようもないですが。 リーフチケットをたくさん買って、キャンプ場にいろんなどうぶつを呼んだ人が先にいろんなイベントを開催できます。 おなじ「どうぶつの森」シリーズでも、これはもう別モノと考えたほうがよさそうです。

・どこまでも「どうぶつたちが欲しいもの」をあげ続けて面白いのか?
 意外とすぐに飽きが来てしまうゲームになっている気がします。 「ポケ森」が始まる前は「四季があるので、少なくとも1年は遊べる」と期待していたのですが、どうやらそうでもなさそうです。

 最初から南の島(ポッカリ島)へも行けてしまうし、季節感を感じないのも「どうぶつの森」シリーズらしくありません。

・課金で素早く、ファスト・ライフ
 スマホゲーは、とにかくユーザに「実際のお金を使ってもらう」ことが大事なので、お金を払った人にはどんどん早く先に進めていることを実感させてあげなくてはいけません。 元々『どうぶつの森』シリーズは「村でホッコリ、スローライフ」な雰囲気を楽しむゲームだったのですが…。

idol-doubutsu.jpg

 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』はどうやら、「課金で素早く、ファスト・ライフ」が テーマのようです。

 ちょっと期待が大きかった分、正直に言ってザンネンです。 凄くつまらないという訳じゃないんだけど、「自分は、なんでこんなこと繰り返してるんだろう?」と我に返ることがあります。

リンク
どうぶつの森 ポケットキャンプ 公式ホームページ




タグ:ポケ森
posted by forester at 10:19 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

スマートフォン版 どうぶつの森、発表されましたね

 いよいよ発表されました、『スマートフォン版 どうぶつの森』配信開始日は11月下旬 ということなので、約1か月後になりますね。

 今度の舞台は『キャンプ場』ということで、キャンピングカーを使っていろんな場所へ移動してはアイテムを集めたりしながら、自分のキャンプ場を好みのアイテムでデコレーションしていくという感じですね。

 基本無料ということと、任天堂さんのゲーム(製作はDeNAだと思うけど任天堂の製作でした)なので、安心して遊べると思います。

 課金メニューとしては『リーフチケット』というものがあるようです(『しずえチャレンジ』というチュートリアルをクリアすることで無課金でももらえることがあるようです)。
一応、下記にリーフチケットの価格
・20枚 120円
・45枚 240円
・100枚 480円


 期間限定でサービス・アイテムが付いてきたり、チケットの枚数も変わってくるようなので、買うにしても、いつどのチケットを買ったらいいか迷いそうですね。

 配信開始以降は、自分もすぐにダウンロードして遊ぶ予定です。 そして『スマートフォン版 どうぶつの森』で遊んでいるところをこのブログでも更新していこうと思います。

 どうぶつの森ファンとしては、とにかく新しいどうぶつの森シリーズが遊べることが楽しみです!


リンク
どうぶつの森 ポケットキャンプ 公式ホームページ
ニンテンドーダイレクト スマートフォン版 どうぶつの森


posted by forester at 12:40 | Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイテムがいっぱいになったら

よく「くだもの」なんかを集めて歩いてたりすると「アイテム」がいっぱいになっちゃいますよね。 そんなときの便利なテクニックを紹介
 それは 「てがみ に プレゼントとして入れてしまう」という方法です。 この方法だと手紙を10枚持っていれば最大で10個までアイテムを入れることができますヨ。
 Rパーカーについたらてがみからプレゼントを取り出せばオーケーです。

今日の一言 3DS

SDカードを高速のモノに交換すると、ゲームの セーブ や ロード が速くなるよ。

今日の一言

「あみ」を持った状態で[A]ボタンを押したまま歩くと、ゆっくり歩く「しのび足」になるんですね。 これだと虫をつかまえやすい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。